326 : ◆Vlj2yBiNCk :2006/03/23(木) 10:59:20.96 ID:4bnG6nth0
『第八話 化け物 中編』
『ブーン&ショボンの場合 ブーンの視点』

(´・ω・`) な、なんだってーーー!!!!!
( ^ω^) ちょうど運良くライターとガソリンをもってるんだお。
あのとき拾ったガソリン・・・まさかこんな所で役立つとはお・・・
(´・ω・`) ・・・でも・・・爆発させたら・・・
( ^ω^) 大丈夫だお。こんな簡単に見つかる隠し部屋にはそこまで重要な薬品などないお。
(´・ω・`) たしかにそうかもしれないけど・・・
( ^ω^) ・・・だめだお。これ以上の時間はないお!
(´・ω・`) ・・・・・・
( ^ω^) これは賭お。もうすぐ救出用のヘリがくるお。それに間に合えば例えビル全体が壊れる爆発でもどうにかなるお。
(´・ω・`) ・・・・・・


328 : ◆Vlj2yBiNCk :2006/03/23(木) 11:01:12.44 ID:4bnG6nth0
( ^ω^) ・・・ショボン、俺を信じてお。きっと、きっと大丈夫だって。
(´・ω・`)  ・・・わかった。もう時間がない。・・・それに・・・爆発に巻き込まれても、その時はその時だ・・・
( ^ω^) ありがとうお!
(´・ω・`) まったくブーンのそういう大雑把な性格はかわらないね。
( ^ω^) そうゆうショボンこそ優柔不断さは健在だお。
(´・ω・`) ハハ・・・
( ^ω^) ハハッハハ・・・
(´・ω・`) よしやるか。ブーン、ガソリンを。
( ^ω^) はいお。
(´・ω・`) ・・・よし。あとは点火・・・だけだな。
( ^ω^) ・・・・・・・・・
(´・ω・`) ・・・・・・・あまり大きく爆発しないでください。
( ^ω^) ・・・・神様、お願いだお。


330 : ◆Vlj2yBiNCk :2006/03/23(木) 11:02:51.30 ID:4bnG6nth0
(´・ω・`) ・・・・・・・・・
( ^ω^) ・・・・・・
(´・ω・`) ・・・ところで入り口にあの化け物がいるのに、どうやってここからでるんだ?
( ^ω^) ・・・・・・・・・あ・・・
(´・ω・`) ・・・・・・・・・
( ^ω^) ・・・・・・・・・・
(´・ω・`) ・・・・どちらかが囮にならなければいけないようだね。
( ^ω^) ・・・・・・・・・
(´・ω・`) ・・・・・・・・・・
( ^ω^) ・・・・・ショボン、先に俺がいくお。
(´・ω・`) ・・・・・・え?
( ^ω^) 俺が囮となって化け物を誘導させるお。
(´・ω・`) ・・・・・・・・・・
( ^ω^) ・・・そして俺が上へ行ったら点火させる。
(´・ω・`) ブーン・・・・・
( ^ω^) 俺の足の速さはしってるだお?
(´・ω・`) ・・・・・・・・
( ^ω^) ・・・大丈夫だお。僕はみんなに約束したお。死なないって。
(´・ω・`) ・・・・・・・・
( ^ω^) だからショボンも約束してくれるお。お互い絶対に死なないって。
(´・ω・`) ・・・・・・・・・・
( ^ω^) ・・・・・・・・
(´・ω・`) ・・・わかった。約束する。
( ^ω^) ・・・それでいいお。


331 : ◆Vlj2yBiNCk :2006/03/23(木) 11:04:35.51 ID:4bnG6nth0

( ^ω^) ・・・それじゃいくお。
(´・ω・`) ・・・・・・・・・・
そういうと俺は今までショボンが押さえていた扉を開け、化け物の隙間を縫うように走り出した。
(;^ω^) ((((((;^ω^))))) ブーン
(,ミ"・д。i)  ・・・!?うがぁぁぁあぁあ!!!
案の定、化け物は俺にだけ集中して追っかけてきたお。
案外知能は低いのかもしれないお。
(;^ω^) ((((((;^ω^))))) ブーン

(´・ω・`) ・・・・・ブーン・・・・
(´・ω・`) ・・・君の努力は絶対に無駄にしない・・・
(´・ω・`) 今は君のためにも・・・
(´・ω・`) 生きて、生きてこの呪われた街から脱出するよ・・・


332 : ◆Vlj2yBiNCk :2006/03/23(木) 11:06:46.81 ID:4bnG6nth0
『ドクヲの場合』
('A`) ・・・・・・・
さて・・・どうするかだ。
(,ミ"・д。i) ・・・・・・
目の前にいる化け物は何故だか動かない。
・・・まぁ敵の事情は知らないが、こうやって冷静に考えられるだからありがたい。
('A`) ・・・・・・・
・・・どうせ動かないんだから・・・逃げられるか?
・・・いや、無理だろうな。
奴もそこまでお人好しではないだろう。
('A`) ・・・・・・・
・・・・・ジョルジュの銃声はまだやんでない。
・・・と言うことは敵は複数いるってことか・・・
・・・するとこいつは仲間が来るのを待ってるのか?
・・・その可能性は高いな。
(,ミ"・д。i) ・・・・・・
・・・一見するとこれは敵が増える可能性がある、いわゆるピンチだが、実はそこまでピンチではない。
('A`) ・・・・・・・ 
未だにジョルジュの銃声はやんでない。つまりあいつはまだ生きている、まだ戦ってると言うことだ。
・・・こいつは仲間を待っている。今までの動向からして仲間が来るまでは、俺が行動しない限り決して動かない。
・・・つまりジョルジュが生きていさえいれば、俺はこいつとサシで戦えるって事だ。

333 : ◆Vlj2yBiNCk :2006/03/23(木) 11:09:35.07 ID:4bnG6nth0
('A`) ・・・・・・・
確かにこんな化け物が何匹もいたらヤバイが幸い一匹。しかも向こうは動かない。
・・・これは勝てる。
手元にある武器は、ほぼ使い果たしたが勝機はある。
何よりもここまで来て、死ぬのは嫌だ。
絶対に勝ってやる!
('A`) ・・・それにしてもどうしたものか・・・
手元にはハンドガン一丁だけ。
これではいかせん倒せるかどうか不安が残る。
こいつを無傷で倒せるチャンスは一度きり。
その一度のチャンスをどう成功させるかが問題だ。
('A`) ・・・窓からおとせるかな・・・?
俺が今いる場所は階段の中腹。幸い壁に換気用の窓がある。
奴をそこから落とせば最高なんだが・・・奴のがたいでは落ちそうにない。
いや、大きさから言えば落とせるのだが・・・奴の身体の一部・・・歪にのびた爪が・・・
('A`) ・・・これは肉を切らせて骨をたつ作戦でいくっきゃないか・・・
一歩間違えれば俺もウィルスでゾンビの仲間入りだが、ジョルジュの事もあるしそれ以外の方法も浮かばない。
('A`) ・・・最後は俺の運だな・・・


334 : ◆Vlj2yBiNCk :2006/03/23(木) 11:11:20.13 ID:4bnG6nth0


そう決意した俺に、信じられない光景が目に入ってきた。。
('A`) ッッッッ!?!?!?!?!?!?





352 : ◆Vlj2yBiNCk :2006/03/23(木) 11:23:07.11 ID:4bnG6nth0
『ブーン&ショボンの場合 ブーンの視点』
⊂二二二(;^ω^)二⊃ ブーン
(,ミ"・д。i)  うがぁぁぁあぁあ!!!
本当に怖かったお。
今までにない怖さ。
ゾンビとは違った死を感じさせる怖さ。
そんな怖さを感じたお。
⊂二二二(;^ω^)二⊃ シ、ショボン!は、はやくするお!
叫びながら俺は一生懸命階段を上ったお。
⊂二二二(;^ω^)二⊃ は、はやく!!!
もちろん無我夢中だったので、俺は階段を陣取ってた化け物とドクヲに気づかずに、つっこんでいったお。
そして見事に一匹の化け物に体当たりを食らわせた。
(;^ω^) ううわぁぁぁああqすぇdrftgyふじこlp!!!!!!
(,ミ"・д。i)  うがぁぁぁあぁあqすぇdrftgyふじこlp!!!!!!
('A`) ッッッッ!?!?!?!?!?!?
化け物に一匹につっこんだ俺はその衝撃で、物の見事にそこにあった窓へとぶつかったお。
⊂二二二(;^ω^)二⊃ ううわぁぁぁああqすぇdrftgyふじこlp!!!!!!
そしてもちろん、一緒にぶつかった化け物と俺を追っかけていた化け物は窓の下へと落っこちたお。
('A`) ッッッッ!?!?!?!?!?!?
('A`) ・・・ッ!?ブ、ブーン!?
俺は幸いにもドクヲに助けられ落ちずに済んだお
(;^ω^) た、助かったお・・・
('A`) ブ、ブーン・・・どうしてここに・・・それよりあの化け物・・・
お互いに言いたいことは山ほど会ったけど今はそれどころではない。
(;^ω^) そ、それより早く上にあがるお!もうすぐ、
(;^ω^) もうすぐこのビルが爆発するお!!!!


356 : ◆Vlj2yBiNCk :2006/03/23(木) 11:24:00.33 ID:4bnG6nth0



『どっきゃぁぁぁぁぁんんんんん!!!!!!!!!』





第七話  第九話

inserted by FC2 system