312 : ◆Vlj2yBiNCk :2006/03/23(木) 10:32:39.51 ID:4bnG6nth0
『第七話 化け物 前編』
『ジョルジュの場合』
・・・・・・奴がいた。
・・・正確には奴でないかもしれない。
・・・奴に似た化け物かもしれない。
だが、そんなこと関係ない。
この化け物が荒巻を殺した奴であろうが、無かろうがこいつは敵だ。
俺の仲間を、大切な仲間を殺した敵だ。


313 : ◆Vlj2yBiNCk :2006/03/23(木) 10:34:02.33 ID:4bnG6nth0

(#゚∀゚) うりゃぁぁぁあああぁぁぁああ!!!!
奴の弱点は顔面だ。
顔面以外の所では、どんなに撃っても決して死なないが、顔面は脆い。
本当は脆くないのかもしれないし、他に弱点があるかもしれないがそんなのどうでも良い。
用は奴さえ殺せれば良いんだ。
奴を。
・・・荒巻の敵を。
(#゚∀゚) 死ねぇぇぇえええええええ!!!
ダダダダダン!ダダダダダン!
やはり奴は顔面に弱いらしい。
明らかにダメージを食らってる。


314 : ◆Vlj2yBiNCk :2006/03/23(木) 10:35:08.01 ID:4bnG6nth0
・・・・・・・
・・・しかし何なんだ・・・
どうやらこのビルはこいつの巣だったらしい。
屋上には数々の・・・仲間や民間人の・・・死体が転がっていた。
・・・っ糞!・・・どうも俺以外のグループの仲間と会わないわけだ!
おそらく、皆こいつに殺されたのだろう。
・・・ショボンはこいつから逃げられただけ幸運だった訳か・・・


316 : ◆Vlj2yBiNCk :2006/03/23(木) 10:36:03.40 ID:4bnG6nth0
ダダダダダン!ダダダダダン!
ダダダダダン!ダダダダダン!
ダダダダダン!ダダダダダン!
ダダダダダン!ダダダダダン!
ダダダダダン!ダダダダダン!
そんなことを思っていながらも俺は奴に銃弾を浴びさせる。
・・・こんな事を考えるだけ・・・まだ俺は冷静だって事か・・・
ダダダダダン!ダダダダダン!
ダダダダダン!ダダダダダン!
ダダダダダン!ダダダダダン!
ダダダダダン!ダダダダダン!
ダダダダダン!ダダダダダン!
・・・しかし民間人はともかく・・・仲間は・・・こんな奴なら油断さえしなければ・・・
ダダダダダン!ダダダダダン!


317 : ◆Vlj2yBiNCk :2006/03/23(木) 10:37:05.74 ID:4bnG6nth0


そして俺は気づいた。
たしかにこいつ一人なら油断さえしなければ簡単に倒せる。
しかしこいつは一人ではなかった。
(#゚∀゚) な、なんでだよ・・・
(#゚∀゚) なんで・・・こんなにいるんだよ・・・
ビルの影から奴らが・・・
数十体の奴らが・・・現れやがった!



(#゚∀゚) うわぁぁあああああ!!!!


318 : ◆Vlj2yBiNCk :2006/03/23(木) 10:41:34.19 ID:4bnG6nth0
『ドクヲの場合』

('A`) ・・・・・
きっとジョルジュも同じような体験をしてるんだろう。
('A`) ・・・・・
ブーン達も遅かれ早かれ同じような体験をするだろう。
('A`) ・・・・・
ショボンの奴が今までこいつに出会わなかったのが奇跡に思えてくる。いや、もう会ったのか・・・だが、逃げられたのはきっと奇跡だ。
('A`) ・・・・・
俺も今までこいつに会わなかったのは、きっと幸運だったからだろう。
('A`) ・・・・・
それもどうやらここまでのようだ。
('A`) ・・・・・
ここからは今までの幸運のツケがまわってくるようだ。
('A`) ・・・・・
(,ミ"・д。i) ・・・・・・・

('A`) ・・・素敵な彼女を見つけるまで・・・死んでたまるか!



319 : ◆Vlj2yBiNCk :2006/03/23(木) 10:46:46.56 ID:4bnG6nth0
『ブーン&ショボンの場合 ブーンの視点』

(;^ω^) な、なんだってーーー!!!!!
(´・ω・`) こ、声が大きいよ・・・
(;^ω^) あ・・・・
俺が大声を出してしまったのが運の尽きだったお・・・
どうやら例の化け物がこの隠し部屋を見つけてしまったようだお。
(,ミ"・д。i) うがぁぁぁああ・・・
(;^ω^)(´・ω・`) あqすぇdrftgyふじこlp!!!!!!
幸いにもショボンがドアをさっと閉めてくれたおかげで化け物は部屋には入ってこなかったお。
(;^ω^) どうするどうするどうするお・・・・
混乱する俺に、幾分冷静になったショボンが聞いてきた。
(´・ω・`) ・・・ブーン・・・君はどのくらい武器を持っている?
(;^ω^) ・・・そんなにもってないお。
(´・ω・`) 私もそこまで持っていない・・・
(;^ω^) ど、どうするんだお・・・


320 : ◆Vlj2yBiNCk :2006/03/23(木) 10:48:40.71 ID:4bnG6nth0
・・・やばいお。
・・・このままではあの化け物に殺されてしまうお。
・・・あのときは武器がたくさんあって何とか倒せたけど・・・今回は・・・
・・・ど、どうしよう・・・
(´・ω・`) 落ち着け落ち着け落ち着け・・・
シ、ショボンはどちらかというと優男・・・僕より頼りないお・・・
・・・こ、これは本当にやばいお・・・
(;^ω^) こ、こうなったら誰かが帰ってくるのを・・・
・・・・・
・・・・・
・・・・・
・・・だめだお。


321 : ◆Vlj2yBiNCk :2006/03/23(木) 10:51:32.29 ID:4bnG6nth0
ドクヲは俺に言ったお。
「だれがショボンを守るのか」って。
それなのに俺は人に頼ろうとしてるお。
きっと上ではさらにすごい化け物がいるはずお。
ジョルジュもドクヲもきっと苦戦してるお。
それなのに俺は人に頼ろうとして・・・
駄目だお!
そんなんじゃ、死んでいった人々に顔が合わせないお!
怖いけど・・・怖いけど・・・
僕だって男だお!


322 : ◆Vlj2yBiNCk :2006/03/23(木) 10:53:21.98 ID:4bnG6nth0
( ^ω^) ・・・ショボン!ちょっと耳を貸してくれお!
(´・ω・`) な、なんだい・・・こうやってドアを押さえるのも大変なんだよ・・・
( ^ω^) ・・・この隠し部屋は一体何のために使われてると思うかお?
(´・ω・`) いきなりなにを・・・
( ^ω^) 良いから早くお!
(´・ω・`) そ、それは・・・ここは薬品会社だから・・・やっぱり隠し部屋だから・・・
うん、俺と同じ事を考えてるお。
・・・きっと俺の考えは正しいんだお。
(´・ω・`) やっぱり何か表沙汰にするとまずい物・・・いや、こんなわかりやすいところだから・・・
(´・ω・`) そこまで危険性のない劇薬・・・いや薬品・・・
( ^ω^) そこだけで十分だお。つまりこの部屋には何かしらの薬品が置いてある。それでオッケイだお?
(´・ω・`) う、うん。
( ^ω^)  それが前提だけど・・・あの化け物を倒すために、この部屋を・・・このビルを・・・


325 : ◆Vlj2yBiNCk :2006/03/23(木) 10:56:27.88 ID:4bnG6nth0


( ^ω^) 爆発させるお!




第六話 第八話

inserted by FC2 system