139 :1 ◆Vlj2yBiNCk :2006/03/22(水) 20:24:21.45 ID:1X8Lh0Je0
『第六話 VIPビル 前編』
『ブーン&ドクヲ&ジョルジュの場合 ブーンの視点』

久しぶり、と言ってもほんの数時間前ぶりだが俺はもう何年も会っていないように思えたお。
やはり人間は人と接していないとダメなんだろうお。
( ^ω^) ドクオとジョルジュに会えて本当に良かったお・・・
('A`) 何言ってるんだよ!良かったのは俺も同じさ。
ドクヲは笑いながら言ったお。


140 :1 ◆Vlj2yBiNCk :2006/03/22(水) 20:26:03.29 ID:1X8Lh0Je0
俺たちはしばらく感動の再会に浸っていたお。
( ゚∀゚) ハハ、・・・とまぁ感動の再開はここまでにしてそろそろビルに入るか・・・
ジョルジュが言ってようやく俺は今の状況を思い出したお。
( ^ω^) ジョルジュ!、ヘリの時間まで後何時間だお?
( ゚∀゚)  ・・・そうだな・・・だいたい2,3時間てっとこかな。
(;^ω^) 1時間・・・短いようで長い、実に中途半端な時間だお・・・
('A`) 1時間か・・・まだ時間はあるな・・・とりあえずビル内で休むところでも探そうか。ブーン、弾はまだあるな?」
( ^ω^) あるお。一応1時間を凌ぐだけの弾はあるお。
('A`) そうか・・・じゃぁジョルジェ達行こうか。
ドクヲが先導になって俺達はビル内に入った。

142 :1 ◆Vlj2yBiNCk :2006/03/22(水) 20:28:25.29 ID:1X8Lh0Je0
ところでVIPビルは薬品を扱っている会社が経営しているビルだお。
そんな訳でジョルジュは色々とこのウィルスに対抗するワクチンの資料をこのビルで探していたが、その方面の知識がないためすぐにうち切られたんだお。
(;゚∀゚) ・・・お前等薬についての知識はどのくらいある?
('A`) ・・・人並み程度。
(;^ω^) 薬品の「や」の字も知らんお。
(;゚∀゚) ・・・そうか・・・普通そうだろうな・・・ハハ・・・
('A`) それにワクチン探しなら普通病院だろ?薬品会社じゃ見つからないぞ?
(;゚∀゚)・・・・・そうなのか?俺は専門的なことは分からないからつい・・・。
('A`) 一般常識だぞ・・・
(;゚∀゚) ・・・・・・


144 :1 ◆Vlj2yBiNCk :2006/03/22(水) 20:30:41.92 ID:1X8Lh0Je0
・・・気まずいお・・・
こんな気まずいムードの中、隣の部屋からゾンビが3体現れたお。
( ゚∀゚) ・・・仕方ない・・・薬探しはやめだ!行くぞ!
('A`) 初めから俺は薬探しはしてなかったぞ。
すかさずドクヲがツッコミ。
(;゚∀゚) ・・・人間。間違いは誰にもあるさ。・・・
('A`) ・・・・・・
再び気まずい雰囲気・・・


145 :1 ◆Vlj2yBiNCk :2006/03/22(水) 20:32:05.15 ID:1X8Lh0Je0
・・・不謹慎かも知れないけど、正直俺は今の状況が嬉しかったお。
今まで俺は警察としての仕事は殆どなく、いつも雑務。
仲間も大抵は俺をからかったりする奴で信用できる仲間は殆どいなかったお。
これも仕事のため。
自分のため。
ここで止めたら俺は生きていけなくなる。
俺はそう思って全ての感情を我慢したんだお。
毎日毎日疲れる仕事。
・・・俺は嫌気を指していたかも知れないお。
不器用な俺にとってこの仕事は向いていないお。・・・止めようかな。
そう思った時もあったお。
このままじゃ変わらない。こんな自分を変えたい。
そう思っていた矢先にこの事件が起きたんだお。
この事件でたくさんの仲間が死んだお。
嫌な奴も良い奴も。


146 :1 ◆Vlj2yBiNCk :2006/03/22(水) 20:33:17.28 ID:1X8Lh0Je0
初めはこの事件に対して怒りしか沸き上がらなかった俺だが、時がたつにして冷静になりこう思うようになってきたんだお。
・・・俺は変われるかも知れない。
この絶体絶命な状況から抜け出せば、何かが変わるかも知れない。
うだつの上がらないこの俺が本当に変われるかは疑問だが、変わらなきゃ死ぬだけだお。
ゾンビによって亡くなった人たちのためにも俺は変わらなければいけない。
俺はそう思ったお。
勝手な解釈だが死人に口なしだお。
俺はそう思うことによって見えない未来に期待している。
だから俺はこの前代未聞の事件にいろんな意味でワクワクしているお。
極度の緊張感。死ぬか殺すかの状況。
雑務しかやっていない俺は楽しかったんだろうお。
死んだ人の敵討ちをしたい気持ちと、この状況をもっと楽しみたいという気持ち。
・・・やはり俺は変わってきたなお。


148 :1 ◆Vlj2yBiNCk :2006/03/22(水) 20:34:38.66 ID:1X8Lh0Je0
( ^ω^) 理解不能な現象は人を狂気にする・・・かお。
俺の師匠であった兄者さんが言ってたこと言葉だお。
('A`) ん?何か言ったか?
(;^ω^) あ、いえ何でもないお。
('A`) ・・・?そうか、上のフロアに行くぞ。遅れるなよ。
ゾンビを倒し終わった後、ドクヲが俺に言ったお。
・・・まぁ今は脱出することが先決だお。それだけを考えようお。
そう思い俺はドクヲの後を追ったお。
( ゚∀゚) ・・・ところでお前等は脱出した後どうする?
( ^ω^) ・・・え?
( ゚∀゚) ・・・嫌、何でもない。今は脱出するのが先決だな。
('A`) しっかりしてくれよ。お前の後ろにはまだ若いブーンがいるんだから。ブーンが混乱するだろ。
( ゚∀゚) ハハ・・・
・・・脱出後かお・・・
ジョルジュに聞かれてもう一度俺は考えたお。


149 :1 ◆Vlj2yBiNCk :2006/03/22(水) 20:36:02.16 ID:1X8Lh0Je0
・・・脱出後はやっぱりこの事件の首謀者をこの手で倒すこと!
それ以外にないな・・・
亡くなった人たちのためにも、兄者さんや弟者のためにも仇をうってやるお!
苦しいことかも知れないが、今の俺には戦場が一番似合っている。
この高揚感をバネに何とかやってやろうお!
そう思い俺は階段を上ったお。
( ´_ゝ`) ブーン、お前はまだ若いんだから無理するな。
(;^ω^) ・・・・・ッ!?
兄者さんの言葉が聞こえた気がして振り替えったが、そこには誰もいない。
気のせいかお・・・
俺もつかれているんだろうな。


150 :1 ◆Vlj2yBiNCk :2006/03/22(水) 20:40:19.57 ID:1X8Lh0Je0
『第五話 VIPビル 後編』
『ショボンの場合 (9月28日)』
・・・これは夢なのか・・・?
つい先ほど・・・ジョルジュ達にあった時に思い浮かべた言葉が頭に現れる。
・・・これは夢・・・?
繰り返し繰り返される台詞。
夢ならどんなに良かっただろう。
『これ』に遭遇する、しないの問題ではなく、この人食い患者事件が起こったときからずっと夢なら良かったと思い続けた。

・・・ぁあ・・・もう起きなくては・・・早く起きないと遅刻してしまう・・・
・・・そうだ。もうすぐクーの誕生日だ。なんのプレゼントをあげるか早く考えなくては・・・

ずっと夢から覚めることを願っていた。
この悪夢から早く覚めたかった。
しかし『これ』は私を、さらなる悪夢へと導くようだ。
右手に大きくみえる爪な様な物で―――

152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/03/22(水) 20:44:04.94 ID:fRu/MWav0
タイラントキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━???

153 :1 ◆Vlj2yBiNCk :2006/03/22(水) 20:45:11.74 ID:1X8Lh0Je0
『ブーン&ドクヲ&ジョルジュの場合 ブーンの視点 (9月29日)』
(;^ω^)  ・・・・・・
それは感動の対面とはお世辞でもいえなかったお。
(;^ω^) ・・・・・・
夢と信じたかったけど、俺の右肩にある傷の痛みが現実だと言っている。
(;^ω^) ・・・あqすぇdrftgyふじこlp!!!!!!
叫ぶしかなかったお。
叫ぶことで先に上へ行ったドクヲ達を呼ぶことしかできなかったお。
血まみれで倒れているショボンを見つけた俺は―――


154 :1 ◆Vlj2yBiNCk :2006/03/22(水) 20:48:35.41 ID:1X8Lh0Je0
初めは階段をこけただけだったお。
勢いよく転がって階段の入り口まで落っこちただけだったお。
そして俺は、偶然階段の入り口にあった地下への隠し扉をみつけたんだお。
最初は「こんな所に隠し扉があるなんておどろきだお。俺も家を建てるときは地下への隠し扉でも造ろうお。」程度のことしか考えてなかったお。
だから「その時のためにも、今ココで隠し扉の構造を調べようお。」とふと考えたのも偶然だお・・・
本当に偶然だお・・・
そして隠し扉を開いてみたところ・・・そこにショボンが倒れていたんだお。
そして話の初めの通り・・・

155 :1 ◆Vlj2yBiNCk :2006/03/22(水) 20:50:44.29 ID:1X8Lh0Je0
( ゚∀゚) ・・・・・
(;^ω^) ど、どうだお・・・?
('A`) ショボンは無事なのか!?
( ゚∀゚) ・・・・・
( ゚∀゚) 外見ほど怪我はひどくないな・・・
( ゚∀゚) 多分このビルの屋上で『何か』があって、それから逃げるために階段を下りたところ、転んでしまってココまで来た。ショボンの怪我の80%が転んだ怪我・・・ってとこか。なんかの拍子で扉は閉まり・・・まぁその何かもココまで来なかった・・・
( ゚∀゚) ・・・単刀直入に言えば・・・ショボンは無事だ。
(;^ω^)('A`) ・・・・・ふぅ・・・・・


156 :1 ◆Vlj2yBiNCk :2006/03/22(水) 20:52:56.10 ID:1X8Lh0Je0
( ゚∀゚) おい・・・気を抜くな。ショボンは気絶をしているようだが・・・まだ100%安全と言ったわけでもない。
('A`) ・・・じゃぁ、ウィルスってのは・・・かかってるのか・・・?
( ゚∀゚) それなら100%安心して良い。ゾンビの攻撃の後は見られない。
(;^ω^) よ、よかったお・・・
ジョルジュは100%安心は出来ないって言ってたけど、とりあえずウィルスの心配が100%ないなら安心だお。
( ゚∀゚) ショボンを襲った『何か』が気になるが・・・まぁゾンビ犬かなんかだろう・・・
('A`) しかし・・・これでお前が助けた生存者は全員見つかったようだな・・・
( ゚∀゚) そうだな・・・この絶望的状況で4人も生きた人間がいるのは奇跡に近いぜ。
( ^ω^) ・・・・・・
( ゚∀゚) おい、ブーンとドクヲ、お前等はココでこいつの看病をしてやってくれ。俺は先に屋上でヘリを待つ。
('A`) ・・・へ?・・・良いけど・・・?


157 :1 ◆Vlj2yBiNCk :2006/03/22(水) 20:54:38.39 ID:1X8Lh0Je0
( ゚∀゚) お前等はあくまで民間人、救助される側の人間だ。ここで休んでいな。上のゾンビ犬退治は俺に任せな。
( ^ω^) サンキュウだお。
( ゚∀゚) ・・・おう!あと数十分だ。それまで我慢しろよ!
( ^ω^) うんだお。
( ゚∀゚) ・・・・・そして約束しろ。この先・・・何があっても絶対に死なない。みんなで生きるって。
( ゚∀゚)( ^ω^) あたりまえだ(お)!  
そういってジョルジュは行ったお。
( ^ω^) ・・・・・・・
('A`) ・・・・・・・・・
( ^ω^) ・・・もうすぐ腐れ野郎どもともお別れかお。
('A`) ようやく100%安全な所へ行けるんだな。


158 :1 ◆Vlj2yBiNCk :2006/03/22(水) 20:57:01.32 ID:1X8Lh0Je0
・・・・・
・・・・・
・・・・・
・・・・・
・・・・・
しばらく俺は脱出後の事を考えていたお。
脱出後は、まずは実家に里帰り中の婚約者ツンと正式に結婚して・・・いや、これから悪の組織と戦うんだからツンを危険にさせるわけにはいかないお・・・
でもそれでは結婚できないし・・・でも結婚しなくても幸せにはなれるし・・・警官って言う職業もクビになっちゃうだろうし・・・
・・・生活が苦しいお・・・でもツンがなんとか・・・イカンイカン。ツン任せはいけないお。
男である俺が何とか生活をやりくりしないと・・・でもそれでは悪の組織とは戦えないし・・・う〜ん、迷うお・・・
そんな妄想とも付かない事を考えていたけど、急に銃声が聞こえたお。


159 :1 ◆Vlj2yBiNCk :2006/03/22(水) 20:57:37.39 ID:1X8Lh0Je0
ダダダダダン!ダダダダダン!
('A`) お!やりはじめたな・・・
ダダダダダン!ダダダダダン!
ダダダダダン!ダダダダダン!
ダダダダダン!ダダダダダン!
ダダダダダン!ダダダダダン!
ダダダダダン!ダダダダダン!
( ^ω^) ・・・・・・
ダダダダダン!ダダダダダン!
ダダダダダン!ダダダダダン!
ダダダダダン!ダダダダダン!
(;^ω^) な、なんか銃声・・・長くないかお・・・?
ダダダダダン!ダダダダダン!
ダダダダダン!ダダダダダン!
ダダダダダン!ダダダダダン!
うわぁぁあああああ!!!!
(;^ω^)('A`) ・・・・ッ!!!!


305 : ◆Vlj2yBiNCk :2006/03/23(木) 10:22:39.25 ID:4bnG6nth0
('A`) な、なんかやばくないか・・・?
(;^ω^) た、助けに行った方が・・・いいんじゃないかお?
('A`) ・・・だ、誰が・・・助けにいくんだ・・・?上にはジョルジュでも苦戦する化け物がいるんだぞ・・・
(;^ω^) それはもちろん・・・
('A`) ・・・・・・・
(;^ω^) ・・・・・・・
('A`) よ、よし!俺が行く!
(;^ω^) ・・・え?ならお、俺も・・・
('A`) 馬鹿野郎!?ショボンはどうする!?お前が看てやらないで誰がショボンを守るんだ!?
(;^ω^) ・・・・・
('A`) お前はまだ若くて頼りないんだ!ここは俺に任せ解け!
(;^ω^) ドクヲ・・・
('A`) ・・・俺なら大丈夫・・・だ。・・・怖くは・・・ない。


306 : ◆Vlj2yBiNCk :2006/03/23(木) 10:24:44.01 ID:4bnG6nth0
(;^ω^) ・・・分かったお・・・でも絶対に死ぬんじゃないお!
('A`) 当たり前だ!俺もジョルジュも絶対に死なない!死んでたまるか!これは約束だ!みんなで生きて、また太陽の光を拝むぞ!
そういうとドクヲは行ってしまったお。
(;^ω^) だ、大丈夫かお・・・?
俺も二人の事が心配だったがショボンの方も心配だお。
きっと二人なら大丈夫だお!
不安だったけど俺はそう思うことにしたお。


307 : ◆Vlj2yBiNCk :2006/03/23(木) 10:26:26.32 ID:4bnG6nth0
ダダダダダン!ダダダダダン!
ダダダダダン!ダダダダダン!
ダダダダダン!ダダダダダン!
ダダダダダン!ダダダダダン!
ダダダダダン!ダダダダダン!
(;^ω^) ・・・・・・
ダダダダダン!ダダダダダン!
ダダダダダン!ダダダダダン!
ダダダダダン!ダダダダダン!
ダダダダダン!ダダダダダン!
ダダダダダン!ダダダダダン!
(;^ω^) ・・・・・・
・・・し、心配だお・・・・
そんなとき、ようやくショボンが目を覚ました。


308 : ◆Vlj2yBiNCk :2006/03/23(木) 10:27:59.26 ID:4bnG6nth0
(´・ω・`) ぅ・・・う・・・ん・・・
(;^ω^) ・・・・・!?ショボン大丈夫かお!?
(´・ω・`) ・・・ここは・・・ブ、ブーン!?だ、大丈夫だったのか!?
(;^ω^) ・・・僕もドクヲもジョルジュも無事だお!それより上に一体何がいたんだお!?
(´・ω・`) ・・・う、上・・・?・・・ッ!?た、大変だ!?
(;^ω^) ・・・・・
(´・ω・`) う、上には化け物がいるんだ!?
(;^ω^) ゾンビ犬のことかお?
(´・ω・`) ち、ちがうそんなのじゃない!?上にいるのは化け物だ!化け物以外の何者でもない!右手が異様に伸びている化け物だ!
(;^ω^) み、右手って・・・そういえば俺も戦ったあいつか・・・!?
たしか日記を書き始めて三日目ぐらいに得体の知れない化け物と戦ったお。そいつがこのビルに!?
(´・ω・`) そ、それだけでない!?あ、あいつは・・・

309 : ◆Vlj2yBiNCk :2006/03/23(木) 10:29:39.69 ID:4bnG6nth0



(´・ω・`) 二、二匹以上いるんだ!!!






第五話  第七話

inserted by FC2 system