16 :1 ◆Vlj2yBiNCk :2006/03/22(水) 17:13:54.70 ID:1X8Lh0Je0
『第一話 ( ^ω^)ブーンの場合(9月29日)』

・・・・あの時一体何が起こったかは今でもよく分からないお。
ただ一つ言えることは俺が死んでいないということだお。
あの時、俺は2体の腐れ野郎共に襲われていたはずだお。俺は奴らに襲われる前に痛みで気絶をしてしまったためそこで一体何が起こったかは分からないお。
しかし怖かったお。おかげでションベンがちびっちまったお。
・・・話がずれたお。
しかし、俺が目を覚ますと腐れ野郎共は倒れており、近くに傭兵らしき人物が座っていたお。

17 :1 ◆Vlj2yBiNCk :2006/03/22(水) 17:19:55.47 ID:1X8Lh0Je0
( ^ω^) ・・う・・・ん・!?
( ゚∀゚)  ・・・・・ようやく気づいたか・・・
(;^ω^) ・・・・・!?
とっさのことで俺は右ポケットに入っているハンドガンに手を伸ばしたお。
( ゚∀゚) まぁそう慌てるな。
(;^ω^) ・・・・・お、お前はあの化け物の仲間なのかお?
ようやく冷静になってきた俺はとりあえず質問をしたお。
( ゚∀゚) だから落ち着け。お前が色々知りたいの分かる。だから俺がわかりやすく説明をしてやる。だからもう喋るな。
本当ならこんな見知らぬ奴は殴ってやりたいが今の状態を考えると素直に聞くしかないなお。
(;^ω^) ・・・・・分かったお。
( ゚∀゚) よし、聞き分けの言い奴は長生きするぞ。さて始めようか。まずは俺がゾンビの仲間かどうかについてだ。答えはNOだ。あぁ、ゾンビっていうのは人食い病患者の名称だ。
(;^ω^) ・・・・・・

21 :1 ◆Vlj2yBiNCk :2006/03/22(水) 17:27:01.43 ID:1X8Lh0Je0
( ゚∀゚) 次に俺の職業だが、簡単に説明すると傭兵だ。ある依頼主のご命令で一般人の救出とこの町の状況を調べている。
( ゚∀゚) この人食い病の事だが俺も詳しくは知らない。何故だか銃を撃っても倒れないし、人肉を食おうとする。
( ゚∀゚) 他にも色々な化け物がいるがそれも俺は知らない。仲間の話だがこの現象はウィルスがどうのこうのらしい。
( ゚∀゚)・・・ここまでで質問は?
(;^ω^) ・・・あんたの他に仲間はいるのかお?見あたらないけど・・・・・?
そう聞くと男はしばらく黙り、悲しそうに言った。
( ´∀`) 仲間・・・仲間はみんな死んだ。俺達は5人グループで動いていたがみんな殺されたよ。そして生き残ったのは俺一人。
( ´∀`) お前も警官なら分かるだろうが、やはり仲間の死は痛むよ・・・
(;^ω^) ・・・・・・
( ´∀`) 職業柄仲間の死は慣れっこなんだがな・・・話がずれたな。・・・・・これからのことだがお前ならどうする?
しばらく考えて俺は言ったお。
( ^ω^) この街から脱出・・・かな。
( ゚∀゚) 時間をかけた割には平凡だな。まぁいい。さてお前の言ったとおり、生き残るにはもはや脱出しかない。ここまでは良いな?・・・問題なのは脱出方法だ。何か考えはあるか?
俺は首を横に振ったお。
( ゚∀゚) なんだ・・・宛もなく歩いていたのか・・・では俺の考えを聞いてくれ。
(;^ω^) ・・・・・・
( ゚∀゚) 俺達はこの街にヘリで来た。生存者を連れてくるため大型のな。
( ゚∀゚) そして生存者を引き連れこの街を脱出するためにVIPビルの屋上に今日の24時、つまり明日から12時間おきにヘリが向かえに来るんだ。
( ゚∀゚) 多少リスクを背負う作業だが依頼主の考えでな。つまりここから数キロ離れているVIPビルに向かえば脱出は成功というわけだ。
( ^ω^) なるほど・・・・・
( ゚∀゚) つまりVIPビルさえ行けばこの地獄から脱出出来るというわけさ。


24 :1 ◆Vlj2yBiNCk :2006/03/22(水) 17:35:28.31 ID:1X8Lh0Je0
やっと生き残るための道が見えたため俺は安心して力が抜けてしまい自然と笑いがこみ上がったお。
( ^ω^) ・・・・・ははは・・・
気が抜けて楽になったのか俺はある事に気がついたお。
( ^ω^) ところで一般人の救出と言ったが、それは依頼主が政府関係者とかだからかお?
そう言うと男は険しい顔になっていった。
(#゚∀゚) ・・・何故そう思った?
(;^ω^) え・・・ふ、普通、依頼主が大手企業のお偉いさんとかどっかの金持ちだったら生存者の救出なんて頼まないお?生存者の救出が必要なのは政府ぐらいだからさ。
( ゚∀゚) なかなか洞察力が鋭いな・・・・・残念ながら依頼主のことは喋れない。しかしこれだけは言っておこう。救出は決して偽善のためではないと。
(;^ω^) ・・・・
偽善という言葉に多少チクッときたが、気にしないで聞いたお。
( ^ω^) つまり?
( ゚∀゚) これは俺の勘だが・・・・・この事件は依頼主にとって興味深いことらしい。化け物の強さや弱点など・・・その情報はまだ未開地であり直接俺等に向かわせて状況をつかませようとしているらしいんだ。生存者は貴重な情報。何が何でも生かそうとしているらしい。
( ^ω^) それじゃぁ、その依頼主がこの事件の首謀者って事になるのではないかお?」
( ゚∀゚) ・・・それは無いと思う。依頼者も緊急だったらしく、一昨日頼まれた仕事だからな。首謀者なら前々から準備を整えておくはずだ。多分この事件で何か儲けようという魂胆だろ。


25 :1 ◆Vlj2yBiNCk :2006/03/22(水) 17:43:02.65 ID:1X8Lh0Je0
( ^ω^) ・・・でもお・・・
文句を言おうとしたら遮られたお。
( ゚∀゚) 何故そんな悪人の手伝いをするかだろ?・・・俺は傭兵だ。金のためなら悪魔とだって仲良くなるぜ。・・・それが俺と一般人の違いだ。
( ^ω^) でもなぁ・・・
( ゚∀゚) まぁそのことについては、あくまで俺の勘だし、確証はない。フリスピーを投げる人間様の考えが俺等飼い犬には分からないってことだ。それ以上の文句はまず脱出してからにするぞ。
俺はまだ沢山聞きたいことがあるが、男の言うとおりそれは脱出してから聞いた方が良いだろう。
( ^ω^) ・・・分かったお。じゃぁそろそろ行こうかお!
そう言うと男は残念そうな顔をして言った。
( ´∀`) すまないな・・・俺はまだやることがある。お前だけ先に行ってくれ。VIPビルの道は知っているだろう?
(;^ω^) あぁ・・・でも何故だお?
( ゚∀゚) 俺はまだ生存者救出の役目が残っているからな。死んだ仲間の分も任務を果たさなければ行けない。
(;^ω^)・・・・・そうかお・・・・
なんだか俺は心細くなったお。また一人になると言う孤独感からか肩の傷がズキズキ痛むお・・・
( ゚∀゚) 心配するな。俺も時機に追いつく。弾もまだあるんだろ。大丈夫だって。
( ^ω^) ・・・・・分かったお。俺も男だお。一人でVIPビルまで行けるお。あんたこそ死ぬなよ。
( ゚∀゚) あぁ・・・・・ッ!!!ゾンビが近づいている・・・
・・・確かに遠くで何かの遠吠えが聞こえるお。
( ゚∀゚) ・・・・ここもそろそろ不味いだろう。俺はもう行く。・・・・・・死ぬなよ・・・・俺の名前はジョルジュだ!
( ^ω^) お前こそな・・・
・・・男は遠吠えがあったところに行ってしまったお。やれやれいったい何だったのか・・・夢でも見ているように思えるお。
だが、これは現実だお。そこらにある陳腐なドラマではないお。
俺はこの手で化け物を殺し、殺されかけたお。
これは紛れもない現実だお!
・・・・・俺ものんびりとはしていられないお・・・・生き残るためにも、死んだ仲間の分もVIPビルまでいってやる!
このクソッタレオ!!!

(;^ω^) しかしジョルジュが普通なのは驚いたお・・・



プロローグ  第二話

inserted by FC2 system